So-net無料ブログ作成
コラム ブログトップ
前の5件 | -

原付きとバッグの関係 [コラム]

最近、原付きのバイクに乗ることが多いです。

仕事の移動の時なのですが、たまたま友人に原付きバイクを安く譲ってもらったので乗るようになりました。

東京都内の近場の移動にはスクーターは楽だし便利ですよね。

自転車やバイクの路駐も厳しく取り締まられていますが、原付きサイズなら、まだまだ無料で停められる場所があります。

そして原付きのスクーターに乗るなんて、私自身20年ぶり?とかですので、最初はルールに戸惑いました。

2段階右折も初めて経験しましたし、速度制限30kmもおそろしく厳しい。

慣れるのには、かなり時間がかかりました。


ですが今回書きたいのは別の話です。

私はよくこの原付きに乗って新宿区役所に行きます。

新宿区役所というと歌舞伎町の少し外れにあるのですが、この2週間ほどでこの付近で、この私がなんと3度もパトカーに止められたのです。

私はいつも車でもバイクでも安全運転。

車はここ15年以上、飲酒検問以外で止められた記憶はありません。

少し前まで乗っていた100ccのスクーターでも、たぶん一度も止められた経験はないと思います。

その超安全運転の私が3度も止められました。

ですがそれには「なるほど」という訳があったのです。

その訳とは、なんと「バッグ」です。

スクーターに乗るので、基本バッグはリュック系の背負うバッグになりますよね。

ところが友人によると、「歌舞伎町でバッグ背負って、スクーターに乗って、職務質問中のパトカーの前を通れば、超高確率で止められるよ、そんなの当り前でしょ~」と言われました。

最初は「なんで?」と思いました。

スクーターは何となくわかります。 スーツ着ていようが、オヤジ的ファッションだろうが、スクーターは止められやすいですよね。

ですが「バッグってなんだ?」ですよね。


このバッグの理由ですが、警察のデーターにはこんなものがあるそうです。

歌舞伎町のような繁華街でバッグを持っている人に職務質問をすると、持っていない人より数倍多くの違法な所持品が見つかるのだそうです。

例えば、ナイフなどの刃物、スタンガンのような武器、薬物、盗撮用のカメラ、などなど、詳しい友人に説明してもらいました。

アンタ、なんでそんなに詳しいんだよ?と友人に対し思いましたが、それよりそんなことがあるんだなぁとビックリです。

確かに毎回バッグの中やポケットを隅々まで探していました。

最初は交通取り締まりかと思いましたが、一回目から所持品の検査だったので、ああ、私に職質してもなぁ・・・なんて思っていましたが、実はそんなデーターがあるのだそうです。

話によると、どう見てもマジメそうな学生、サラリーマンのバッグから、普通にナイフが出てきたりするそうです。

まあビックリですよね。 でもなんかちょっと嬉しかったですね(笑)。

ただ急いでいるときは、もう勘弁してよ~という感じでした。

ですが繁華街でリュックなど、特に少し小型のバッグは一番警官に止められるのだそうです。



nice!(66)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

バッグも家電も売れています [コラム]

私の仕事場は新宿西口近くなので、デパートや大手家電量販店に囲まれています。

このあたりは駅から出てくる人がとにかく多いので一日中混雑していますが、家電量販店やデパートは意外とガラガラになってることも多いです。

別に天気が悪いというわけでもなく、人通りは多くても店内はガラーンとしているのも珍しくありません。

ところがここ2日ぐらいで気がついたのですが、今は凄いです。店内も混雑していますが、袋を持って出てくる人が多いこと、多いこと。

これはもちろん消費税増税前の駆け込み需要だと思いますが、いや~「3%というのはここまで違うのか」と、本当に実感します。

なんとなく通常の生活で消費税が3%上がるというのは、一般市民にとってそれほど大きなことでもないかな?と思っていましたが、これを見て自分が勘違いしていることに気が付きました。

例えば私は高額なものを買うとしたらバッグぐらいしか思いつきません。バッグの場合だと、その3%増を理由に買い物を控える可能性はあります。控えるというか、考え直すでしょうか?

ただバッグを買う機会というのはそれほど多くなく、私の場合だと、年間で3回ぐらいでしょうか? 1回もないこともありますし、5回ぐらいのこともあります。まあ平均3回程度でしょうね。

私は服にも家電にもあまり興味が無いので(そもそも買い物をほとんどしません)、3%はあまり気になりませんでした。

ですがこれだけの人を見ると、生活スタイルも人それぞれなんだなあと思います。そうですよね、女性は嫌でも服にお金を使うでしょうし、自分でも若い頃は家電も欲しかったし、オシャレもしていたなあ、なんて思い出しました。


ただよく考えると、増税が自分にあまり関係がないと思った一番の理由は、先ほど書いた「どうせ買い物しないから」なのです。これはちょっと問題かもしれません。

自分では買いませんが、食品や生活用品はうちの家庭でも買いますので、単純に家計の支出が3%増える。言い換えれば給料(収入)が3%減るでも良いですよね(考え方的には)。

でも国の財政を考えればしかたがないと思うので、社会のためと思えばなんてこともありません。

でも私が買い物をしないというのは、収入が減った、将来が不安というのが根底にあります。あまり意識していませんでしたが、買い物をしなくなった今の私を作ったのは、間違いなくここに原因があります。これって、いわゆる「デフレの現象」ですよね。

最近円安傾向で株価は上がりましたが、自分の生活水準は1%も変わっていないですねぇ。いや下がってませんか?

別に不平不満を言うつもりはないですし、実際そこまで不満でもありません。ただ少なくとも一般市民の景気は改善されていないのではないかな?と考えてしまいました。


nice!(72)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

昼間の電車で羽田に行きました [コラム]

昨日は12時過ぎから、人を迎えに羽田空港まで行ってきました。

私は空港へ旅行で行く場合は、羽田でもいつもリムジンバスを使いますが、今回は会社からだったのもあり、山手線とモノレールの羽田空港・王道パターンで行ってきました。

こういう時は最近の人がどんなスーツケースを持っているのか?をチェックするのが楽しみなのですが、やはり羽田空港、そしてこの時期、この時間帯だとビジネスマンばかりでした。

外国人旅行客も少なく、珍しいスーツケースもあまり見られませんでした。

それにしても羽田と成田だと、いくら昼間でもこうも客層が違うものなのかと驚きました。

そこでちょっと気になったのが最近のビジネスマンが持っている「かばん」。

羽田から浜松町までのモノレール内はスーツを着たサラリーマン天国。そしてほぼ全員が同じようなブラックのビジネスバッグを持っています。

ズラッと並んだ同じようなビジネスバッグ。もちろんメーカは違いますが。

そうかぁ、やっぱりサラリーマンは大変なのか・・・などとなんとなく思ったり、それともこれこそが日本のサラリーマンの文化なのか?と感じたりしました。

でも、ふと出迎えた仕事のお客さんを見ると、この人も黒のビジネスバッグ(笑)、そしてもちろん私も黒のビジネスバッグ(笑)。

個性がないのか文化なのか、私にも良くわかりませんが、なんであろうと最近のビジネスバッグがとても使いやすいことは確かなんですよね。




nice!(69)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ブランドバッグ詐欺 [コラム]

ブランドバッグの詐欺サイトがすごく多いのを知っていますか?

ここはバッグのブログなので「ブランドバッグ詐欺」と書きましたが、
実際にはブランド品全般の詐欺サイトが急増しています。

本当に言葉通り「急増」しているので注意が必要です。


この新手の詐欺について説明しますと、

Google、Yahooなどで検索すると普通に出てくるサイト。
一見普通のショッピングサイトだが、
よく見るとおかしな点が多い。

例えば、
ショップの単独サイトなのに、商品写真に「楽天」と書いてある。
同じサイトなのにショップ名が違うサイトがゴロゴロ出てくる。
文章が変。 明らかにおかしな日本語。
カード決済を選んだのに、銀行振込の画面になる。

数え上げるときりがないのですが、
現在こういった詐欺サイトが大量にあります。

このブランド詐欺サイトなのですが、よく調べてみると「偽物」では
無いようです。かといって本物でもなく、ただの振り込め詐欺です。

まあ振り込め詐欺とは違いますが、お金を振り込んでも商品を
送ってこない詐欺だそうです。


そしてこの詐欺サイトはかなり大規模に行われていて、
あらゆるブランドのサイトが毎日のように出現しています。
(多数の詐欺業者があるかも?)

以前は中国人の口座名義のみだったそうですが、
現在は日本名の口座も使われているようです。


これらの詐欺サイトは相場の半額程度で広告が出ています。
サイフ、バッグ、サングラス、時計、洋服など、
もうなんでもアリです。 しかもそのブランドで1つの詐欺サイトを
運営しているので、わかりにくいかもしれません。

とりあえず対処法ですが、
銀行振込はしない、
変だな?と感じたら止める。

これで十分でしょう。

数千円のものから詐欺をやっているので注意してください。



nice!(64)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

預け荷物の盗難について [コラム]

TSAロックの続きです。

前回、アメリカ旅行時はTSAロックもかけない方がいいと書きました。 ただ、私の場合はスーツケースの中身を、盗難されそうにないものだけにしているので、そういう対処法をとっています。 「別にとられてもいいや」という感覚からくるものです。

ただ、飛行機に乗るのは旅行だけではないですし、どうしても価値のあるものを運ぶこともあると思います。 ですがそういう場合でも、アメリカのスタンスは「テロを未然に防ぐ」が第一なので、やはりロックはしないほうが良いと思います。


こう書いておいてなんなのですが、アメリカではスーツケースの中身の盗難が結構多いです。 私は幸い盗難にあったことは無いですが、知り合いはかなりの数が盗難にあっています。 またアメリカを経由する飛行機が、明らかに狙われていると思いますので注意が必要です。

たとえば、日本→アメリカ→イギリスなんていう乗り継ぎの場合です。 経験上、日本→ロシア→イギリスのほうが、盗難には合いにくいと思います。 これはロシアでも中国でも、どこでもいいですが、アメリカを経由する場合は少し用心したほうが良いと思います。

ですが単純にアメリカでスーツケースの中身の盗難が行なわれているのか?というと、それもそうとは言い切れません。 それどころか、アメリカ発OO行きの、「OO」の空港職員がドロボーということが多いのです。

これは毎年一回、世界のどこの空港が一番盗難事件が多かったか?という統計が発表されるのですが、これを見るとアメリカより他国が多いですね。 この統計は確か春ぐらいに発表されて、毎年ニュースになりますが、アメリカ経由とか、アメリカ発が狙われているとは報道されません。

でも誰でも分かることですよね。 自分がドロボーだったら、ロックしてないスーツケースを狙いますよ。 では遠い外国へ行くとき、アメリカ以外で乗り継いだほうがいいかというと、これも言い切れません。 やはり英語のほうがローカルの言語より理解できますし、通貨の問題もあります。 どうしても便利さからアメリカを選ぶ場合が多いです。

結局この対処法は、旅行なら私のように貴重品は預けないこと。 預ける必要があるなら、取られないように工夫すること+保険でしょうね。 旅行保険は少し勉強するとわかりますが、盗難でもかなりの部分をカバーされるものがあります。 あと航空券をクレジットカード決済にして、カードの保険を利用するのは必須だと思います。

でも日本はいい国ですよね。 国内でも盗難はあると思いますが、海外ほどひどくはありません。 盗難ランキングに日本の空港なんて絶対出てきませんから。



.
nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
前の5件 | - コラム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます